ひとりごと
基本的に日記です! youtubeを利用して動画なんかも載せたりしてます! 科学,コンピュータ関連の話題もたまに載せてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土星の衛星

米航空宇宙局(NASA)は12日、水の存在が確認されている土星の衛星エンセラダスについて、「内部に放射性物質があり、これが熱を発し続けている」との見解を発表した。

 これにより、地下に熱水が存在する可能性が高まり、NASA研究チームの研究者は「生命に適した場所が存在する証拠をつかんだことになるのではないか」としている。

 エンセラダスの表面は氷点下約200度だが、地球の南極にあたる部分で火山のように水蒸気が噴出しているのが、米探査機カッシーニによるこれまでの観測で昨年確認されている。その後の分析で、水蒸気に窒素ガスが混じっていることが新たに判明。この窒素ガスは、アンモニアが熱分解したものとみられることから、外部の研究者も加わったNASAの研究チームは「地中に高温高圧の場所があり、熱水の中で有機物が豊富に合成されたはずだ」と結論づけた。
スポンサーサイト

恐竜から鳥へ

鳥類が空を飛ぶのに必要な効率良い身体構造は、2億3000万~2億5000万年前の祖先の獣脚類恐竜の段階で、全遺伝情報(ゲノム)の縮小という形で準備が始まっていたことが分かった。米ハーバード大と英レディング大の研究チームが、絶滅した恐竜と鳥類、現在の動物のゲノムを分析した成果を、8日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 ゲノムが小さければ、細胞も小さく特に血液に酸素を取り込む赤血球は、体積が小さいほど相対的に表面積が大きくなり、運動中の呼吸が容易となる。
グライダーのように滑空するだけでなく、羽ばたいて飛ぶ現代型鳥類は約1億1000万年前に出現しており、空を飛ぶには長い準備期間が必要だったようだ。

最近気になったニュースの1つです。
鳥ってやっぱり恐竜から進化してたんですね~

温室効果ガス

欧州連合(EU)は8日、ブリュッセルで首脳会議を開き、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量をEU全体で2020年までに1990年比で少なくとも20%削減するとの原則で合意した。

 2013年以降の「ポスト京都議定書」交渉に向けた温室効果ガス削減のための国際的枠組み作りが始動する中、EUは他国に先駆けて数値目標を示すことで基準作りで主導権を握る狙いらしい。
日本、米国、カナダなどの先進国の対応に影響を与えそうだ。

 今回の合意は、温室効果ガスを出さない再生可能エネルギーの利用比率を高めることにより、「20%削減」を図るものだ。

 EU議長国ドイツのメルケル首相は8日深夜(日本時間9日朝)、記者会見し、「欧州は温暖化対策で開拓者としての役割を果たす」と意欲を述べた。ドイツは6月の主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)の議長国でもあり、今後、サミットや国連気候変動枠組み条約の締約国会議(12月)などを舞台に「20%」という数値を前面に押し出し、域外国に対し協調を迫っていくものと見られる。

ニュース23の地球破壊というコーナーでもこのことがとりあげられていた。
コーナーではオランダなどでは二酸化炭素を農家で利用することで二酸化炭素排出量を減らしかつ作物の生産率向上を行うといった試みをしているらしい。確かに二酸化炭素は光合成に必要なのでおもしろい試みだと思う。
地球環境の問題をを科学的な見地からとらえて解決しているし,
環境問題からでもビジネスチャンスにつながるいい例ですよね。
科学技術と地球はうまく付き合ってゆくべきです。
日本も見習うべきだと思う。

記憶力UP

独リューベック大学の研究チームが行った調査で、記憶力向上バラの香りが有効であることが分かった。
8日発行の学術誌「サイエンス」に調査結果が掲載された。
 調査は74人の被験者を対象に実施。トランプの神経衰弱と同様のルールのカードゲームを使い、一部の被験者だけにバラの香りを嗅がせることで、記憶力への影響を調べた。
 また被験者らはゲーム終了後、磁気共鳴画像診断(MRI)装置の中で眠り、睡眠中の脳の働きも分析された。
 翌日に同じカードゲームを実施したところ、バラの香りを嗅いだグループの正解率は97.2%だったのに対し、嗅がなかったグループの正解率は86%となった。
 またMRI装置を使った分析では、バラの香りを嗅いだ被験者の脳で、記憶をつかさどる海馬部分が活発になっていたことも明らかになった。

脳の違い

日本人なら誰しも虫の声や小川のせせらぎに癒しを感じるもの。
セミの鳴き声や鈴虫,こおろぎなんかの虫の出す音にしみじみと聞き入ったりするものです。
しかし,外人さん(欧米人)はそうではないらしい。
先日,とある番組で見たんですが,
外人さんは,スズムシの音色を聞いてもイラつくらしい。
言語体系の差で,虫の出す音色に対する脳の反応が違うのが原因とのこと。
このしみじみとした感じが分からないなんて,同じ人間なのに不思議です。
まぁでも,外人さんからしたら虫の羽音に聞き入る日本人は確かに異質なのかもしれない( ̄ω ̄;)

でもやっぱり僕は雪がしんしんと降るとかいう日本独特の表現は好きだし,スズムシの音色に秋を感じる。時には雨音さえ心地いいものです
こんな素敵なものを感じられる日本人で良かった
続きを読む

プロフィール

れいぶん

Author:れいぶん
いらっしゃいませ~!
動画や,サイエンス,コンピュータの話題を中心に日記を書いてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

SEO対策:動画 コンピュータ 科学 ゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。